誘惑するのにセックスさせない女性の心理と目的

どうもくう太です。僕はナンパの講師とかはやっていないのですが、たまにナンパを教えてほしいという男性とナンパに出かけたりします。そこでこないだ教えた男性から相談を受けました。

ナンパしてまだセックスしていない女性がいて3回ほどあっているのだが、会うたびに色仕掛けをされる。だが、キスをするだけでそれ以上は頑なにやらせようとしない。付き合おうといっても濁される。どうしたらいいでしょうか?

という相談内容でした。

うーん。なかなかセックスはさせない女は地雷女ともよくいいますが、ひとことで地雷と決めつけてしまうのはよくないですね。個人的にそういった試すような行為、からかう行為をする女は基本的に追わないです。ただ例外もあるのかなと。

 

セックスをさせない女性の心理

今回の相談内容のいい感じなのに、女性のほうから行為を感じるのにセックスさせない女の心理を考えてみましょう。

軽い女と思われたくないから

セックスをさせない女の特徴として一番多い理由は、簡単にエッチをしてしまうと軽い女と思われたくないから。でも、今回の相談は向こうから誘惑をしてきているから、この線は薄いでしょう。

今回の相談は3回あっているわけですから。1回目なら女性がよくとる行動なので

「私そんな軽くないから」と拒んで来たら「軽くないって知ってるよ」と別に尻軽女とやりたいわけではない。お前を抱きたいのだということは伝えてあげましょう。

男を試している

男を試す女は結構いると考えています。くう太の女友達数名から聞いた話ですが、結婚を意識した女性で、そういった誘惑を敢えて行いすぐに食いついてくる男はNGという判断をするという話です。

これ、数名から聞いたことがあるので、結構やっている女性多いのかなと。

くう太的にはこういう試す女ほんと嫌い。若ければいいんですよ。でも30手前のいいとしの女にこういうことやられると、試すようなことするなよと感じもう会うことはしないかなと。

承認欲求のためのキープ君にされている

例えば、その女性に本命の男がいて、なかなか正式に付き合うことができないがセックスはするセフレの関係の男がいたとします。

こういう子って割と自分の価値を確かめるために、まあ嫌いではない男とご飯にいって、ちょっと誘惑してみたりすることが多い気がします。キスだけは嫌だけど他はOKとか、セックスだけは絶対にしないとか、線引きは人それぞれですが、普通に誘惑をしてきているのにセックスさせないというのは、ほかに本命の男がいるという可能性もあるということ。

まあ、そういう本命がいようといまいと、セックスを頑なに拒否するということは、そこまでの男としか見られていない。下に見られているという証拠でしょう。それ自体が。

30手前の女は地雷女にみられてもしょうがない

冒頭でわかければいいといいました。若い女が好きとかそういう意味ではなくて、若いからまだそういう行動をとってしまっても仕方がないということです。まだ知らないから。

ただ、30手前の女性が、そういう男を試す行為をしてしまうと、男がどう感じるか?

めんどくさそうな女だな

単純にこう思います。今までそういう行動をして、指摘してくれる男がいなかったのかな?とか、そういう想像が働いてしまいます。だから、指摘もせずスルーしてサヨウナラしてしまいます。くう太の場合。

だけど、若い子19~25くらいの子にされたら、くう太なら

「そういう試すようなことするなよ。もうあわないよそういうことするなら」

と指摘します。なんとなく男に対し自己中心的な承認欲求に近い行為をしていることはわかっているはずです。ですからその指摘で男のことを本当に好きなのであれば、謝るなりもうしないという約束を結ぶこともできるでしょうし、分かり合えた後のセックスは素晴らしいものになるでしょうし、逆にありがとうという結果になるかもしれません。

実際にキープ君扱いなのであれば、追ってはこないでしょう。だからまあ、そういう思わせぶりをされて気持ちいがいいのであれば男も乗っかって続ければいいでしょうが、くう太は1回は許す⁽様子はみる)けど2回目以降は切る覚悟で指摘しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です