渋谷のナンパでガンシカ率が高い理由とその攻略方法

こんにちは。開放的な夏も終わりに近づいていますが、どうですか女関係。この記事を読んでいるあなたはナンパスポットやナンパの仕方の情報を探しているやる気のある紳士な男性ということでほぼ間違いないと思います。あ、違いました?間違っていたらすみませんw

ここでは渋谷のナンパって難しいよねという話をしたいと思います。

巷に出回っているネットの情報をみると、「渋谷でナンパできるスポット○選!」とかばっかで、実際うまくいく時もあれば、うまくいかない時もあるというのが答えなんですけど、ちょっとどうなのかなあと疑問に思う事が多いです。

場所って、確かにナンパでは大事な要素ではあると思いますが、ほぼタイミングで決まると思うんですね。

それと、あきらかにナンパしてくださいというクラブ以外の箱はなんというか、飽和してしまって、男率が多く、女が男を選び放題なので男が不利な状況になっていてあまりうま味がないんですよね。

個人的に渋谷に限らずですがナンパは所謂ナンパスポットでなく普通の開けた道端とかが好きなんですが、渋谷ってほとんどがナンパスポットぽい場所じゃないですか。

渋谷のナンパスポットはキャッチと誤解されたりナンパされ慣れした子が多くガンシカ率が高い

それで、渋谷のナンパスポット全般にいえることですが、渋谷はキャッチ、スカウトがいるイメージが強い。実際にスカウトを何度もされていて断ること自体が面倒という子も少なくないだろう。そして、なぜかナンパするなら渋谷みたいなイメージをもっていてナンパをしに渋谷にいくという男子も多いため、ナンパされることに慣れた女が多い町といえるでしょう。

そんな町、渋谷でナンパを成功させるにはどうすればいいのでしょうか。

まず、ナンパされることが多い女性の気持ちを考えつつ、どういった、たち振る舞いをすべきか考えてみましょう。

スカウトが面倒だからガンシカ

これ、渋谷ではかなり多いのではないかなと。僕の経験で話をしましょう。とある日のナンパの出来事です。

<ナンパ声かけした子のスペック>
・20歳
・見た目 S 橋本カンナ似
・場所は109の向かい側の銀行
・時間は終電後

カンナさんは、その銀行の前を徒歩で通り過ぎるところでした。

僕「こんばんは」
カ「・・・(ちらっと僕の目をみて無言)」
僕「こんばんわー(笑)今日はしゃべらないDAYですかねw」
カ「・・・(うんうんと頷きながら、ちょっと笑う)」

【解説】このちょっとほほ笑むってすごい大事だと思っていて、もちろんほほ笑んだら即勝ちとかいうわけではなく、立ち止まり話ができる可能性が高まります。ガンシカの場合目を見ようともしませんからね。

僕「や普通にタイプいたとおもって声かけたんだけど、てか、その服いいねどこの?」
カ「えーなんですか(笑)」
僕「あ、しゃべった(笑)しゃべんない日じゃなかったの?や、ほんとにタイプだからつい声かけちゃったよね」
カ「あ(笑)」

こんな感じで、見事ガンシカを解除。その後居酒屋に行き、話をしていたところ、最初スカウトかなにかのお兄さんだと思ったということでシカトをしていたと彼女は言っていました。

その子とは、結果的にその日限りのワンナイトという形になりました。普通にタイプだったので関係続けたかったんですけどね(泣)

で、今回やれたやれないの話ではなくて、彼女が言っていた

「最初スカウトかなにかのお兄さんだと思った」

これです。上で紹介した会話で、彼女が無言で、ちょっと笑うまで粘れるかどうかが重要ということです。

基本的にガンシカが多い渋谷ですが、本当にキャッチ、スカウトだと思っている人もいるのでしょう。だからまず立ち止まり話すというところまで、もっていければ、最初の声かけで無視されたら終わりというナンパよりも成功確率が上がると思うんですよね。

完全に迷惑な場合は第一声で諦めたほうがよいですが、なぜ僕が無言なのに追い続けたのか。それはちらっと目があったからです。それと、歩くスピードもそこまで早くなかったので追ってみたところうまくいきました。

あきらかにスゴイ速足、声をかけた後、こちらを見もせずまっすぐ見てガン無視という場合は、そこで終了にしたほうが無難かなとは思います。が、こちらを一瞬でもみて目が合うのであれば追ってもいいと僕は、判断材料にしています。

というか、目が合うって色んな要素があるので、それは今度また別の機会に書いてみようと思います。

 

※ちなみに今日はしゃべらないDAYですかねはネットで見たナンパ師さんが使っていたルーティーンですw(どなたかわからずリンクできませんでしたすみません)

渋谷はマナーの悪いナンパ師が多すぎる?

渋谷でナンパするとガンシカが多い理由としてはやはり、ナンパ師のマナーが悪いというのも一つの理由かなと思ってます。

特に10代の小僧ですかね。渋谷のスクランブル周辺を歩くだけでもナンパしている人をすぐに見つけることが出来るくらいに、頻繁にナンパしている人がいますが、たまに見かけるマナーの悪いナンパ師。

女性にカンシカや断られた時点で、急に態度を変えて、「ブス」「ビッチ」「お前になんて本当は興味ねえよ」とかそういった類の罵声を浴びせる屑男達。本当に辞めてほしいですね。結構な頻度見かけています。

僕的に必ず無理と言われても「ありがとう」で終わるようにしています。まあそれが人間としての最低限かなと。

マナーが悪い人が多いから、

  1. ナンパされてよい印象がない
  2. ナンパはスル―という観念が植え付けられる
  3. 渋谷ではガンシカするという決定事項が生まれる

この流れで、渋谷のガンシカ率が上がっているのかなと個人的には考えています。

※クラブや出会いの場は話は別です。

ガンシカを崩す為の対応やフレーズ

渋谷はガンシカが多いけど女の子がたくさんいるのでガンシカされるから渋谷でナンパしないっていうのはもったいないです。渋谷に限らずですがナンパをする時に割と大事な事をまとめてみます。

パーソナルスペースを意識した距離感

第一声にどういった声かけをするかはとりあえず置いておいて、声かけする時の物理的な距離感はめっちゃ大事です。

よくいわれているのが、腕一本分の距離から声をかけるのが大事です。

ナンパがうまくいかない人は本当にこれができてない人が多いです。これ普通に考えて、初対面の同性にやられたら気持ち悪くないですか?男でも。

ナンパでなくともアプリとかなにかしらで初めてご飯などに行く時も、この腕一本分の距離は最初は保っていたほうが無難でしょう。なごんで心の距離を縮めていけば自然と物理的な距離も縮まっていきます。極論いえばですが、最大に短い距離は体を重ね合うセックスなわけですよ。

距離の縮まり方をざっくりと順番にしてみました。ほんとうにざっくりだけど。たまに顔近いって人個人的には下の5番目くらいのことをやっているとおもうわけ。

  1. 腕一本分
  2. 腕半分くらい
  3. 肩がぶつかるくらい
  4. 手をつなぐ
  5. 顔近い
  6. キス
  7. セックス

1~3はごはんいったり、酒飲んだりして和んで警戒心をとって、こちらの魅力をわかってもらう段階と考えています。だから、第一声の声かけは腕一本分の距離を保つ。これは最低限かなあと。

ガンシカされても粘ってみることは大事

上の例でも書いていた通り、ナンパして声をかけた最初は女側も軽く思われたくないという気持ちや普通に変な人きたとかまあ色んな考えをもっているわけです。しつこすぎるのはよくないですが、ガンシカされても先の物理的に腕一本分の距離を保ち粘ってみることが大事です。意外と途中から笑い始めたり足を止めてくれたりします。

自信満々でいこう

ナンパで一番よくないのは弱気になること。ちょっと睨まれたり、中指を立てられたりすると、おどけてしまう、心が折れそうになる。まあわかるんですが、堂々としましょう。睨まれてもにらみ返すのではなく、ほほ笑んだりする余裕をもった男でいましょう。まあ中指たてられたら粘らないほうがいいですけどw

背筋は伸ばして笑顔で声もしっかりと大きく!相手の目をみて話しましょう!

声かけフレーズってどうしてる?

これもどちらかといえば、内容よりも声のトーンとかはっきり大きくっていうのが重要かなと僕は考えています。

が、やはり、最初はくすっと笑わせたり興味を持ってもらうのが大事なので自分の中でテンプレを用意しておくといいかなと。

「あっ!あれ?」

「お疲れ様です」
「こんばんは」

「大丈夫?疲れてる?」
「相手の服装をいじる」
「相手の髪形をいじる」
「トレンドを取り入れる」

くう太の第一声はこんな感じかな。

「あっ!あれ?」

「あっ!あれ?」に関しては、例えば、目の前から歩いてきてすれ違う瞬間に目が合って、「あっ!あれ?」って感じで声をかけます。
その後は、色々ありますが、定番なのは「前会ったよね」とか。

それに対しての女性の反応はこんなところです↓

1「や、あってないです」
2「えどこであいましたっけ?」
3「は?(睨まれる)」
4「ほんとうになんかの知り合いかと思った」

「1」や「2」の場合は、「俺の夢の中に出てきた人だわ」とかギャグで切り返したり「テレビとか出てた?」とか大袈裟に切り返したりしています。
「4」の場合は、「たった今知り合いになったってことで笑」とか。

「おつかれさまです」「こんばんは」

これは定番というか、あんまり工夫しなくても普通に挨拶で声をかけるのが無難かなと。変におもしろおかしくしようとしてもナンパされる側からすると変な人きたってなるだけですから。純粋にタイプだったから声をかけた。その前にあいさつをする。ただそれだけの流れですが、おもしろおかしく系だと誰にでもやってんだろ感がでますからね。

「大丈夫?疲れてる?」

これは、ゆっくり歩いてる子や、座ってる子。疲れてるの~。っていう感じでオープンしたら軽くしゃべって、疲れてるならゆっくりできる居酒屋とかいこうか。って誘いやすいですしね。

「相手の服装をいじる」「相手の髪形をいじる」

これは声をかけた後にする会話でよく使います。持っているバッグや服などについて話す。

くう太「そのバッグやばいね。今日みたバッグで渋谷一センスいいわ。ユニクロのやつ?」

女「ユニクロじゃないわ 笑」

くう太「ユニクロじゃないの!?え、なにクロ?まじきになるわ~」

的な感じでしょうか。

トレンドを取り入れる

映画、ドラマ、ラグビーワールドカップ、クリスマスとか。

「その服めっちゃ似会ってるね。ニュージーランド代表の人ですか?」

ぶっちゃけこれはイイ例文とはいえませんがw
ラグビーWカップ期間中に真黒な服を着ていた時に実際に使ってオープン釣れ出しに成功はしました。

ナンパで消耗したら出会い系サイトの利用がおすすめ

ナンパって時の運がもっとも左右されるスポーツ(スポーツじゃないっしょw)ですから、どんなにイケメンでも成果が上がらない時はあがりません。

僕自身全然イケメンではないですが、それなりに服装や髪形などを気にしたりして、ある程度ちゃんとしていると、旨くいく時は、簡単に番ゲできたり、即れたりします。これは本当にタイミングなんですよね。

いい時はいいですが、駄目な時はなぜか駄目。誰に声をかけてもガンシカ。最悪な時は不幸が重なり、待ち合わせの子に話しかけている時に、いかつい彼氏が来て下手したら凹されるんちゃうかみたいな時もありました。(運よく暴行されたりは今のところ一度もありませんが)

で、そんな疲れた時は出会い系サイトを活用するのがいいのかなって。

出会い系サイト使うなんて邪道だなんてナンパガチの人の中では賛否両論ありますが、PCMAXワクワクメールなどがおすすめです。ポイント制なので、使いたい時に使えるのがおすすめな点。使いたくない時は使わなければお金が発生しないので。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です